· 

大人のコツコツのペース

 

何かをできるようになりたいと思った時に

そのために取り組む頻度や、スピード感について

答えがある方はどれくらいいるでしょうか。

 

 

 

私は自分の中で物差しのひとつに

していることがあります。

 

学生時代、音楽に出会い

大人になってからは仕事として

その後、趣味として続けました。

     

 

正直いうと大人が同じことに取り組んだ時

学生の頃の練習量には遠く及ばないので、

うまくなっていくのは難しいと思っていました。

 

それでも、いくつかの違う立場で実際にやってみて

その習得度や成長を感じる度合いなど

自分の中である程度の基準を持つことができました。

 

 

子どもの頃や、大人になってから

どちらかでも何かに熱中した経験をお持ちの方なら

共感してもらえる部分があるかもしれません ^^

 

 

 

 

 

それぞれの立場・目的・練習頻度と

その成長度合いを比較してみました。

 

 

***

  

〈 学生 / 本番:年4〜5回 / 部活動で毎日 〉

 

頭も身体も柔軟性があり吸収力も高いうえ

そのために時間を多く作れる環境があります。

 

学校・習い事・部活など、

"休み"という概念がない子どもにとって

このスケジュールに違和感はなく、体力もあるので

成長のスピードも早いのはご想像のとおり。

 

*

 

〈 社会人 / 本番:年50回 / 仕事で週3回 + 夜間・休日自主練 〉

 

自分よりも圧倒的に知識豊富な先輩や

その人たちを育ててきた指導者が提供してくれる

練習の質が高い。

     

学生時代より練習回数は少し減っても、

本番が多く様々な経験を積むことで

自分の成長を感じることができた気がします。

 

*

 

〈 社会人 / 本番:年1〜4回 / 趣味で週1〜2回 

 

週1〜2回の練習では、残念ながら

現状維持がやっと、というのが本音です。。

 

でも、これまでの経験から

自分に合っている練習法がわかっていたり

効率を良くする工夫ができる。

 

自分が身を置く環境(人・場所)によって

結果が変わってくるかもしれませんが、

学生時代と比較すると、考える力が格段に上がっているので

上達できないことはありません。

 

技術の高さよりも、表現の深みが増すのは

大人の方だと思います。

 

***

 

 

量より質とはいいますが

音楽の場合は自分自身の身体が楽器といえる側面があるので

(スポーツのように)心身やその感覚が鈍らないよう

練習の "量" を重ねることも必要。

週1〜2回より少ないと、ちょっと厳しいかも。。

 

 

でも、写真の場合は

それほどその必要性を感じていません。(私は)

 

 

 

音楽で経験した

様々な目的と環境の、質と量のバランスを

写真仕様に変換してみると…

 

 

単調な練習(撮る)の多さより

何に向かって誰とやるのか、

集中力を発揮できるペース配分をすることが

鍵になると思います。

 

これが、大人が好きなことを伸ばしていける

醍醐味のような気がしています! 

 

 

 

今の自分が、この先もっと思い通りに

表現できるようになったと仮定した時に

 

明るくポジティブなイメージが持てる。

心が軽くなって、より自分を認めることができそうと思う方には

着実にそうなっていけるプログラムで

一度やってみてほしいと考えるようになりました。

 

 

 

 

 

感性や感覚を育てるのはご自身だけができること。

(→ 自分で撮る・写真を見る)

 

一方、自分(の写真)を自分で

客観的に見るのは少しむずかしいと思います。

 

 

And minimalのフォトレッスンでお手伝いできるのは

疑問を解消したり、軌道修正が必要な場合のサポート、

成長していることをご自身で実感していただく部分。

 

あなたと共に写真を楽しむ

チームメンバーと思ってもらえたらうれしいです。

 

 

より豊かな写真ライフを送るために

時間のやりくりをして取り組んでみたい!

という方の応援がしたくて、

新たなプランを考えてみました。

 

 

 

プライベートレッスンチケット制度(回数券)

2021年8月1日〜

 

 

 

 

大人は、日々の生活や仕事、家族・友人との時間も大切。

 

それを削るのではなく、上手に時間を使うことで

楽しさと集中力をちょうどよくキープできるペース配分

をしています。

 

好きなことだから、少し工夫することでがんばれる。

フレキシブルで、少しお得に ^^

そんなプランにしてみました。

 

ぜひお試しいただきたいと思います。